妊娠10ヶ月 妊娠38週~前日入院、そして帝王切開へ

妊娠10ヶ月 妊娠38週~前日入院、そして帝王切開へ

いよいよ帝王切開をする週になりました。

産む日がわかっているため、いつ産まれるのかと落ち着かない気持ちはありませんが、妊娠の終わりをわかっている分、お腹の赤ちゃんと一緒にいられなくなることが寂しいと感じます。

帝王切開の前日入院

入院をする当日は、いろいろなことを行うので、午前10時までに産婦人科へ行くことになっていました。

入院荷物を持って産婦人科へ行くと、いったん、荷物を預けて入院手続きへ。
入院する書類は、事前に渡されますので、記入した書類を所定の場所に提出します。
それが終わると、麻酔科の受診です。

麻酔科の受診は一度きり

麻酔の説明は、妊婦健診のときに助産師さんから聞いていましたが、直接、麻酔科医と話すのは、この日が初めてです。

診察は、麻酔を行う流れと、麻酔の副作用などの説明。
そして、同意書にサインを求められるという内容でした。

もし、麻酔で聞きたいことや、希望したいことがあれば、この診察時にしっかりと伝えておくことをおすすめします。

私は、全身麻酔をかけないことを希望していました。
助産師さんから、赤ちゃんを産むと全身麻酔に切り替わると聞いていたため、麻酔科医に「全身麻酔をかけずに、最後まで下半身麻酔でお願いします」と、自分の気持ちを話しました。

すると麻酔科医から、下記のような説明がありました。

  • 全身麻酔をした方が、母体が楽になること
  • 患者が手術室で混乱を起こして暴れることがあるため、全身麻酔をした方がいいこと

確かに、妊婦が手術室で暴れると大変です。
下半身麻酔の間は、腕を自由に動かすことができるので危険がともないます。

しかし、一度、帝王切開を経験している私は、手術室で混乱を起こさない自信があったのです。
そこで、もし危ないと医師が判断した場合は、全身麻酔をかけていいという条件をつけて、最後まで下半身麻酔をするという希望を叶えてもらいました。

麻酔科医に、しっかりと話しておけば「下半身麻酔を希望していたと知らなかった」ということは起きませんので、安心できます。
一度きりの診察だからこそ、何を望んでいるのか、話しておくことは大事だと思います。

入院をしても、ゆっくりはできない

午前中に診察を終えたら、午後から入院生活になります。
午後は、下記のようなことが行われました。

  • 病棟の説明
  • 手術当日の流れの説明
  • と断飲する時間の説明
  • 病棟担当看護師と手術担当看護師からの挨拶
  • 手術時の希望確認&相談
  • 剃毛
  • 点滴

これらはいちどに、まとめて行われるわけではなく、担当看護師がタイミングをみて行うため、結構時間がかかります。

入院をすると、手術をするときまで暇だと思っていましたが、全てが終わる頃には、夕方になっていました。