【助産師が教える】赤ちゃんのニキビ「脂漏性湿疹」の原因とケア方法

赤ちゃんの頭や顔に、まるでニキビのような湿疹ができることがあります。
この湿疹は別名「脂漏性湿疹」または「中毒疹」といいます。
多くの赤ちゃんにでき、生後2ヶ月頃までにはきれいに治ることが多いようです。

脂漏性湿疹ができる原因や、対策ケアなどについて具体的にお伝えします。

脂漏性湿疹の原因は?

写真のように、まるでニキビのような湿疹ができる赤ちゃんは多いようです。
かゆがって、頭をかくようなしぐさをする赤ちゃんもいます。

脂漏性湿疹のピークは生後2週間から1ヶ月半ごろで、約2か月ごろには治ることが多いようです。

原因は、ママのおなかにいたとき受けたのホルモン(プロゲステロン)の影響や、赤ちゃんの脂腺が急速に発達するためといわれています。
においをかぐと「あぶらくさい」のが特徴です。

大切なケアは「きちんと洗う」こと


脂漏性湿疹のケアで大切なのは「きちんと洗うこと」ですが、どの程度洗えば「きちんと」洗っていることになるのかが、悩ましいところではないでしょうか。

脂漏性湿疹ができたら、沐浴剤はおすすめしません
沐浴剤を使うのは「カサカサお肌」のときであって、脂が出はじめる湿疹になったら卒業です。

もしお風呂で洗ったばかりなのに脂くささが残っているようなら、洗い方が優しすぎると考えたほうがいいかもしれません。
もちろん、赤ちゃんの体質にもよるので「湿疹がひどい=洗い方が優しすぎる」とはいえませんが、においは目安のひとつです。

湿疹のある頭を洗うときは、ガーゼや指先でなでるだけではなく、美容院のシャンプーのように指の平でシャカシャカと洗ってあげてください。
頭をかゆがっている子は、この洗い方をするとだけでうっとりした表情になることもあります。