【漢方薬剤師が教える】妊婦の便秘解消法

皆さんこんにちは。
タクヤ先生こと、杉山卓也です。

さて、妊娠中のお悩みとしてやはり上位に上がってくるのが「便秘」だと思います。
本日は妊娠中の便秘の原因と、それに対して効果を期待できる漢方、生活の養生についてお話しいたします。

妊娠中の便秘の原因は?

妊娠中の便秘の原因には大きく分けて3つが存在します。

(1)黄体ホルモンの影響

妊娠中には「黄体ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンが、妊娠中でないときと比べ、多く分泌されます。
その理由は母体内部の胎児を保護するため、子宮の収縮を抑えるためです。

しかしこの黄体ホルモンは子宮以外の筋肉、便通に関連していえば、食べ物を肛門に送るために使われる平滑筋の収縮も抑えてしまうため、腸の蠕動(ぜんどう)運動が抑制されてしまうことで便通が悪くなってしまいます。

このほかにも黄体ホルモンは体内に水分を留めようとする働きもあり、この結果、便へじゅうぶんな水分が行きづらくなり、これもまた便秘の要因のひとつです。

(2)子宮内の胎児が大きくなる

妊娠後期になると、子宮内の胎児が成長することで腸を圧迫します。

圧迫された腸は、動きが圧迫によって抑制されるのはもちろんですが、血流も悪化します。

腸と肛門が圧迫されることで便秘の大きな原因になります。

(3)妊娠中のストレスで自律神経が失調する

妊娠中は何かとストレスを感じてしまう時期。

ストレスが自律神経の働きを狂わせる原因になると、腸の蠕動運動も自律神経の働きで動いているために便通の悪化を引き起こすことがあります。