【専門家が教える】帝王切開による母体への影響と骨盤ケア

帝王切開は、母体や胎児に危険と判断されたときに行われる急速遂娩(きゅうそくすいべん)のひとつです。

帝王切開には、選択的(予定)帝王切開緊急帝王切開があります
不妊治療による多胎妊娠や高齢出産の増加とともに帝王切開を選択されることが多くなっています。

以前は、多胎妊娠や逆子などの場合も経膣分娩で出産される方もいましたが、現在は、ほとんどの施設で帝王切開がおこなわれます。

帝王切開は、分娩時のリスクを減らせます。
しかし、母体への侵襲が大きくさまざまな産後の回復への影響、母子分離による母乳栄養確立の遅延が予想されます。

今回は帝王切開後に、母体へどのような影響があるのかお話しします。

帝王切開による筋肉、内臓への影響

先日、帝王切開を経験した方のお話をうかがうことがありました。
その方は、何年経ってもお腹の違和感は消えないと話していました。

手や足の切り傷でさえ突っ張る感じやかゆみが残り、小さな傷でも皮膚は硬くなり、傷跡はなかなか消えません。

帝王切開は、皮膚だけでなく筋肉や内臓にもダメージを与えます。
筋肉には、それぞれ拮抗しあう筋肉があり身体のバランスをとっています。

主に腹部の筋肉がダメージを受け筋力が低下することにより、拮抗筋である背中の筋肉とのバランスが悪くなります

身体を支えている前後の筋肉のバランスが悪くなることにより、反り腰や猫背などになりやすく腰痛、肩こりなどの症状につながることもあります。
ポッコリお腹が気になるから腹筋を鍛えるということは危険なのです。

また、子宮筋や内臓もストレスを受けています。
出産直後の子宮は、一気に収縮して指1~2本分お臍の下あたりにまで小さくなり、退院のころまでには、さらに指3~4本位まで小さくなります。

しかし、帝王切開の場合は、子宮の回復は遅く退院時でもお臍の下1~2本分位のところで触れられます。

内臓も緊張し硬く冷えやすくなっています。
マタニティ専門の整体師や理学療法士など、専門的な身体のケアをしっかりとおこなうことが必要です。