【小児歯科医が教える】3歳児のむし歯0.5本以下!アメリカで行われている子どものむし歯予防法とは?

日本は先進国の中でもむし歯の多い国といわれています。

平成23年に厚生労働省がおこなった歯科疾患実態調査では、30歳で平均10本以上、45歳で15本以上と、半分以上の歯がむし歯であるとわかりました。

WHOが報告した「世界の12歳児虫歯罹患状況」によると、日本の12歳児のむし歯は平均2.44本となっています(1999年)。

WHOでは、「2000年までに、12歳児のむし歯を3本以下にする」という目標を出していましたので、この目標はぎりぎり達成しています。

しかしアメリカやヨーロッパの多くの国では、この目標は1980年代には達成していて、日本はむし歯予防という点では世界に後れをとっています

今回は、むし歯予防先進国といわれるアメリカの、むし歯予防方法についてご紹介します。