【漢方薬剤師が教える】うつ病と妊娠

皆さんこんにちは。
タクヤ先生こと杉山卓也です。

今回のテーマは「うつ病と妊娠」です。

うつ病という病気は現代社会ではポピュラーで、治療をされておられる方も非常に多い疾患です。
妊娠を考えておられる方で、うつ病に悩む場合もかなり多いと、私に日々寄せられる相談の中で感じます。

今日はこのテーマの中で漢方でお役に立てる部分、そして日々の養生法について触れていきたいと思います。

うつ状態に陥りやすい時期

妊娠中のうつ状態には「マタニティブルー」という言葉とリンクする部分が多くあります。

マタニティブルーは特に妊娠初期と後期に起こりやすいとされており、「情緒が不安定になり、イライラしやすい」「急に落ち込んだり気力が無くなる」「なにもないのに涙が出てくる」など、妊娠中の特異なホルモン分泌のせいとされていますが、精神的にも健全さを保てなくなります。

ホルモンだけのお話ではなく、出産に向けての不安(痛みなど)や産後の不安(子育てが上手にできるか)などのストレスでも出やすいのではないかと思います。

この状態が続くとうつ状態につながっていくケースがあり、注意が必要です。