【認定絵本講師が教える】おなかの中からの読み聞かせ

赤ちゃんが生まれてくるまでの間、どんな子がお腹にいるのか、楽しみで胸がふくらみますよね。
生まれた後のことも、あれこれ想像するでしょう。

上の子がいる方は、きょうだいとしてお兄ちゃんやお姉ちゃんになる子のこと、今の生活からの変化など、楽しみな反面、不安や気がかりもあるかもしれません。

そんな風にまだ見ぬお腹の赤ちゃんに、絵本の読み聞かせをしてみませんか

生まれた後の暮らしを想像しやすくなるだけでなく、ママ自身もリラックスできますよ。
なにより、お腹の赤ちゃんはママの声が大好き。

ママの語りかける言葉はもちろん、絵本を読む声も届いています。

いつから赤ちゃんは聞こえているの?

赤ちゃんの耳は、妊娠初期の頃から作られ始め、形自体は早い段階で出来上がっています。
しかし、神経が脳とつながって音が「聞こえる」状態になるのは、だいたい妊娠6ヶ月に入った頃(妊娠20週前後)といわれています。

はじめに聞こえてくるのは、ママの身体の中の音。
心臓がどっきんどっきんと動く音や、血液が流れる音。
そして、ママの声は身体の中でも響いているので、初めて聞こえてくる「人の言葉」はママが話す言葉です。

お父さんと話す声、上の子と笑い合ったり𠮟ったりする声、それから、もちろん赤ちゃんに語りかける声も、しっかり聞こえています