【専門家監修】イヤイヤ期の上手な褒め方のコツと最強の褒め

こんにちは。イヤイヤ期コンサルタントの西村です。

イヤイヤ期の子どもを育てるのは、なかなか大変ですよね。
うまく褒めながら育てるには、どうすればよいか悩むパパママも多いでしょう。

この記事では、子どもをかしこく褒める方法について紹介します。

具体的な言い方やフレーズもふくめて、詳しく紹介するので、子どもへの接し方に困っているパパママは必見です。

「褒める」って難しい!パパママが悩む3つのポイント

お出かけ中の家族

叱り方と同時に、「褒め方」で悩まれる方は多いです。

  • どのように褒めたらいいの?
  • 褒めたらつけあがらない?
  • 褒めなきゃ出来ない子になっちゃわない?

上記のお悩みをお持ちではありませんか?
簡単に見えますが、うまく褒めるのは難しいことなんですね。

とくに先輩ママや先輩パパたちが困ったポイントを紹介します。

ポイント1:褒めないと出来ない子になる?

「褒めないと出来ない子になるのでは?」という不安を抱える人は多いです。

学校で自信を持てない子どもが、親にも「褒めてもらえない」ことで、さらにやる気を無くし、学業不振になるケースもあります。

ある程度わが子を褒めることは、とてもよいことです。

ポイント2:ほめ過ぎると頑張る目的を間違える?

子どもをむやみにほめ過ぎると、ほめられるために頑張る人間になるのではないかと不安になる親もいます。

たしかに人の行動の源と言われる「やる気」とは、「内面」から湧き出てくるものです。
決して人からもらうものではありませんね。

しかし現代の子どもたちは、少し違ってきています。

本来ならば、「頑張ったからほめられる」という順番が正しいですよね。
しかし現代の子たちは、「ほめられたいから頑張る」ことが多いのです。

つまり勉強が楽しいからしているのではなく、「勉強したらほめられるから頑張る」んですね。

ほめられたいという気持ちが強すぎると、社会人になり「ほめられる」ことが減ったときに、自分の人生の目標や目的が見えず、社会から脱落していく大人もいます。

ポイント3:ほめ具合の加減が難しい!

上記ふたつのポイントからわかるように、ほめすぎてもだめ、ほめなさすぎてもだめなのです。

そのためどのように褒めたら効果的なのか、ほめ方のバランスに悩むのでしょう。

子どもをほめる理由はやる気を高めてほしいから

女の子
イヤイヤ期のほめ方を考える前に、そもそも子どもをほめる理由を改めて考えましょう。

みなさんは、なぜわが子を褒めるのか、考えたことがありますか?
人によってさまざまな理由があるでしょう。

西村先生
西村先生

わが子をほめる理由には、さまざまなものがあってよいと思います。

一方でほんとうにすごいと思ったこと、本当に褒めてあげたいと思った時などに限定して褒める人も多いのではないでしょうか。

「褒められたくて頑張る子どもよりも、褒められて、より自分のやりたいことに専念するやる気を高めてほしい」と思っていることが表れているのでしょうね。

やる気を高める褒め方のコツ4選

ハグするママと娘
今すぐ実践できる、子どものやる気をあげるために効果的な褒め方を紹介します。

できたことを具体的に褒める

ママさん

◯◯ちゃん、■■できたの??すごいね!やったじゃん!!

なにができたことについて褒めているか、具体的に伝えると分かりやすいですね。

「できた」実感を高めてあげる

ママさん

赤子ちゃん、どこをどうしたら■■できたの?教えて?

赤子ちゃん

えっへん!こんなふうに頑張ったからできたんでちゅよ!
(ここがよかったからできたんでちゅね!わーい!)

子どもたちに「ここがよかったからできたんだ」という実感を高めるように働きかけます。

そうすると、子どもの脳内に「ここがよかったからできた」という、結果を出すためのプロセスが残るのです。

するとプロセスを思い出せば、いつでも同じことができるようになります。
これを繰り返すことで、うまく子どもの成長を促せますね。

感性で褒める

子どもたちは「感性」でほめられることを受け取っています。

そのため「本当に褒めてくれてるのか、それとも義務で褒めてくれているのか」がわかるのです。

「その場しのぎの褒め方」では子どもたちは満足しないのです。

褒める時は、大げさでもなく、小さすぎるわけでもない、「本心」を伝えることが大事になります。
普段から気持ちを表現するのが苦手なママには、少しむずかしいかもしれませんが、上手く感情を出せるように練習してみましょう。

西村先生
西村先生

ただ単に、「あなたがこれが出来たことが、とても嬉しい!」という一言でも、気持ちが伝われば子どもは喜びます。

ぜひ、「自分の気持ちを話す」という褒め方もやってみるといいですね。

「ありがとう」は魔法の褒め言葉!使うとき覚えておきたい心構えは?

笑顔のママと子ども

子どもの褒め方には、さまざまな方法があります。

いっぽうで、「ありがとう」というシンプルな一言が子どもにとても効果的であることはご存知でしょうか?

「ありがとう」という言葉が子どもにおよぼす影響や、使うときの心構えについて紹介します。

「ありがとう」から引き出す子どもの反応

子どもは深く考えずに動いているように見えますが、実は子どうにも意味があります。

行動の意味が、「よい物」だと判断した時には、「ありがとう」と返事をしてあげると、子どもはとても喜ぶのです。

ありがとうと言われると嬉しくなる

「ありがとう」とは、感謝を伝える言葉です。

「ありがとう」と言われた相手は、それが感謝されるようなことだったと、はじめてそこで認識します。

西村先生
西村先生

大好きなパパママから「ありがとう」と言われたら、子どもは素直に嬉しくなるのですね。

嬉しくなると繰り返しおこなう

子どもは単純です。

嬉しかったら、同じことをもう一度行います。
遊びでも、楽しいと思ったら飽きるまで何度も同じ事を繰り返していますよね。

その繰り返しによって、心の充電を行っているのです。

「ありがとう」と言われると、子どもは「嬉しい」という感情によって、心の充電ができます。

「ありがとう」がほかの褒め言葉よりよい理由

ではなぜ「えらいね~」や、「すごいね~」などほかの褒め言葉よりも、「ありがとう」がよいのか、説明します。

パパやママの嬉しい感情が込められている

「えらいね~」「すごいね~」など言葉は、子どもの行動がよいことだとほめています。

それに対して、「ありがとう」という感謝の言葉は、子どもの行動によってママやパパが嬉しい気持ちになったことが、子どもに伝わります。

西村先生
西村先生

子どもは大好きなパパやママが嬉しい気持ちになったことに、より大きな喜びを感じるのですね。

ママが喜ぶことをわかちあえるようになる

たとえば子どもが机を面白がって拭いてくれたとします。
その場合、子どもは遊びだと思っていても、ママとしては家事が楽になりますよね。

頼んでもいないのに、拭いてくれた時には、どんなに嬉しいことでしょう。

そこで

ママさん

拭いてくれてありがとう。ママ、とっても助かっちゃった。

と伝えると、子どもとその喜びを分かち合えるのですね。

赤子ちゃん

ママがよろこんでくれて、うれしいでちゅ!

ママさん

赤子ちゃんのおかげで助かったわ、ほんとうに嬉しい!

「ありがとう」は、ママも子どももお互いにハッピーになれる、魔法の言葉です。
どんどん言ってみてくださいね。

「ありがとう」と伝えるときの2つの心構え

ママも子どもも楽しい気持ちになれる、「ありがとう」という言葉を使うときには、以下のふたつに注意してください。

  • 子どもの幸せを願って使用しましょう。
  • 人に投げかけるためだけに使用しましょう。

子どもの幸せのために使うこと

西村先生
西村先生

「ありがとう」という言葉は効力が強いので、子どもは一度「ありがとう」と言われた行動を何度も同じような行動をしがちです。

だからこそ、ここでは「子どものしあわせを願っての使用」をしましょう。

使うときは投げかけのみ

西村先生
西村先生

「ありがとう」と言われるのは、もちろん大人のパパやママも嬉しいものです。
しかし「ありがとうを返してほしい」という思いから「ありがとう」の言葉を乱用すると、かえってイライラが増してしまいます。

「ありがとう」の言葉やささやかな工夫でイヤイヤ期の子どもをうまくほめよう

笑顔のママ・子ども
子どもをうまくほめるためのコツや、「ありがとう」というシンプルな言葉がもつ意味について紹介しました。

子どもの行動から感じた、パパやママの素直な気持ちを、子どもに上手に伝えてあげることで、円滑なコミュニケーションをとっていきましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...