海外の育児コラム/ライターKARY

KARY

ママライター

15歳からカナダへ留学し、ハイスクールとカレッジを卒業。
卒業後は、カナダの日系企業に勤務したのち、語学を活かして日本で大手外資系金融企業に勤務。
結婚後、日本で妊娠発覚。
カナダで出産をし育休取得、アメリカへの引っ越しをした後にふたり目をアメリカで出産。

ひとり目をカナダで、ふたり目はアメリカにて出産をしました。
現在はアメリカ・中西部へ移動し2児の子育て真っ最中です。

日本での妊娠、カナダ、アメリカでの出産を行った経験から、日本とは異なる育児や生活に関する情報を、ママとして、日本人としての視点を交えてご紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

KARYの 記事一覧

アメリカのベビーカー事情!選ぶポイントは「生活スタイル」

赤ちゃんが産まれて必要となるベビーカーは、さまざまな種類があり、どれを購入するか迷う人が多いのではな...

続きを読む

赤ちゃんは別部屋でひとりで寝る!アメリカ式のスリープトレーニングについて

日本では、赤ちゃんとお母さんは夜も一緒に添い寝をし、家族で川の字で寝ているというご家庭も多いのではな...

続きを読む

北米では蒙古班を「勉強」する!大人も知らない「バースマーク」とは

産まれたての赤ちゃんは小さくて丸まっていて、赤ちゃんならではの愛おしさがあります。 そして、産まれた...

続きを読む

驚き!日本とカナダの医療事情の違い!医療費は無料だけどアレルギー検査は1年待ち?

小さな子どもがいると病気や怪我などで病院へ足を運ぶ回数も多くなることも。 医療に関する事情は住む国に...

続きを読む

アメリカで大人気!? 妊婦の食生活豆知識「オーガニック」と「コーシャー」の違いとは

妊娠中は特に食事にはこだわりたいもの。もう「自分ひとりだけの体ではないから」と、できるだけ栄養価の高...

続きを読む

こんなことまで分かってしまうの!?妊娠中に行うアメリカ式の検査とは?!

アメリカ式妊娠中の検査は進んでいる!アメリカでの妊婦検診 妊婦さんは自分の体にもいろいろと異変が起き...

続きを読む

普通分娩で翌日退院!帝王切開3日で退院!!驚きのアメリカ出産事情!

仕事復帰は産後3ヶ月が当たり前!?驚きの出産事情とは・・・ 子供を出産するということは、妊婦生活とも...

続きを読む

日本とは違う?!赤ちゃんはすぐに産湯には入れない北米式とは!

すぐに産湯にはいれない理由とは? 日本では、出産後直ぐに赤ちゃんを産湯につけて体を綺麗に洗ってあげる...

続きを読む